クローゼットタンス・ワードローブの分解と解体方法は?

粗大ゴミの捨て方

クローゼットタンス・ワードローブの分解と解体方法とは

アオヤマ
アオヤマ

観音開きとびらのクローゼットタンス
家財家具の中でも大きな部類ですが

分解方法と解体手順を知れば意外と簡単♪

 

まずはクローゼットタンスを分解、解体している動画をどうぞ

【老前整理】婚礼タンス解体!処分理由と解体方法

なぞ谷Channel さんの動画です

いかがでしたでしょう?

動画では家具の処分前提なので
分解後は清掃センターまで
車で持ち込みしやすいように
解体までされてました。

車のスペースが小さい場合は
同じ要領で
家具を更に小さく解体もできます

もちろん引越し先に持っていく等の場合は
分解まででも役に立ちます。

クローゼットタンスやワードローブの構造

ほとんどのクローゼットタンスは
*天板(一番上の横一枚の板)
*下板(底の横一枚の板)
*縦長の箱状の収納部分が2~3棹(さお)

多少違いはありますが、
これらをビスやボルトで連結されているだけです。

ビスやボルトを外せば分解できます。
意外と単純で簡単です。

注意!分解手順を間違えると横転し危険

クローゼットタンスやワードローブの多くは縦長の為
分解の手順を間違えると、
バランスが悪くなり倒れる恐れもあり危険です。

まず
扉(とびら)を最初に外してください。
クローゼットタンスで一番量いのが扉です。
後から外そうとすると、
重みで傾いて倒れる恐れもあり危険です。

扉(とびら)のビスは小さめですので
通常のプラスドライバより小さめの
(No1タイプ)用意しておくとネジがなめずに回せます。

次に
収納部分の横壁についている連結ビスを外します。
タイプにより違いますがほとんどが
プラスドライバー又は六角ボルトです。

最後に
上下の横板のボルトを外します。
下側の板がないタイプもあります。

解体をして粗大ゴミとして処分しよう

家具の解体については、
以前詳しく記事を書きました。

室内でもできる!家具(タンス)解体方法 コツやメリットとデメリット
不用になった大きな家具があるが一人だし運び出せない、タンスの処分費用を安く抑えたい、最も安く処分する方法を伝授。室内でひとりでもでき、粗大ごみとして出すこともできる家具タンスの解体方法とコツやメリット、デメリットをご紹介いたします。これで引越し時の悩み解消です!

 

粗大ごみとして出す場合は
自治体のルールに従いだしてください。
以前書いた記事が参考になります。

つくば市の粗大ごみの料金や出し方は?
つくば市の一般ご家庭から粗大ごみを出す方法は、 大きく分けて二通りあります。 最大辺の長さ 料金 50センチメートル以上 120センチメートル未満 400円 120センチメートル以上 180センチメートル未満 800円 180センチメートル以上 200センチメートル以下 1,200円 料金だけ見るとさすがに市の料金は、良心的ですね。

 

土浦市の粗大ごみの出し方と料金をわかりやすく解説
土浦市で不用品となった粗大ゴミは どのように捨てればいいのでしょうか。 そして粗大ゴミの処分料金はどの位かかるのか ここに分かりやすくまとめました。家具や家電の処分、粗大ごみや不用品の捨て方一気に解決です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以前にも家具の解体方法について詳しく
記事を書きましたが、

大きなクローゼットタンスは、
解体する前の分解が必要になります。

更に分解も手順を間違えると
横転させてしまい大変危険です。

また分解方法が分かれば、
引越先に移動するときにも便利です。

クローゼットタンスやベッドソファーなどの
家具を処分は当社へご依頼ください。
つくば クマさん回収センター
029-279-0090

今すぐ電話お問合せ!
タイトルとURLをコピーしました