引越し決めたら読む、手っ取り早い部屋片付けのコツ

引越しを決めた時読む、手っ取り早い部屋片付けのコツ つくば市の不用品回収

引越しを決めた時読む、手っ取り早い部屋片付けのコツ

引越し予定が決まり、片付け準備に取り掛かろうと思いきや
仕事で忙しかったり、
どこから手を付けて良いのかわからないまま
時間が過ぎ焦りはじめる。

こんな方多いかと思います。

不用品、粗大ごみ片付け茨城県

ここでは、
便利屋ならではの引越し前、
片付けのおすすめの方法をご紹介します。

 

お電話にてのお問い合わせ
つくば クマさん回収センター

タップで発信
029-279-0090

(AM8:30~PM10:00 * 電話受付は夜間PM10:00迄)

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

1, いきなりスッキリ!家具や大物から処分

なにはともあれ
部屋のスペースを
占領している物からなくしましょう。

 

そうなるとやはり大きな家具が代表的です。

 

片付けは家具から処分

 

転居先に持って行かなければ最優先で処分。

 

理由は、
*部屋にスペースができ片付け作業がしやすくなる

*部屋がスッキリ!一気に片付けのモチベーションがあがる

*先に厄介な物を片付けできると気軽に作業できる

*自治体の粗大ごみに出す予定であればすぐに回収できない為
 早めの処理でないと引越し当日までに
 間に合わないケースもある

 

などの理由があげられます。

 

お電話にてのお問い合わせ
つくば クマさん回収センター

タップで発信
029-279-0090

(AM8:30~PM10:00 * 電話受付は夜間PM10:00迄)

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

1-1 大物処分の前に注意

*部屋の出入り口付近、通路には物を置かない

引越し片付けのコツ、茨城の不用品、粗大ゴミ処分

出入り口付近に物が置いてあると
足を引っかけたり、
大きな荷物なので邪魔で通らなかったり
その都度どかすようになってしまいます。

 

邪魔にならない場所、例えば
部屋の奥や置き場所が確保できない場合は、
お風呂場や脱衣所に一時避難させるのも良いです。

 

 

2, 次は収納、クローゼットから始めましょう

大きな物がなくなり、
片付けムードが高まったら次に
普段は使用しない
押し入れの収納やクローゼットから片付けましょう。

 

クローゼットの中は特に
季節物などすぐには使用しない物が多いと思います。

引越し当日まで生活に差し支えないの物は
仕分けして荷造りや処分しましょう。

 

お電話にてのお問い合わせ
つくば クマさん回収センター

タップで発信
029-279-0090

(AM8:30~PM10:00 * 電話受付は夜間PM10:00迄)

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

2-1, 1年以上使用していない物は思い切って処分

物を見るたびにこの先使うか?使わないか?
と考えているうちに先に進まず
片付けのモチベーションは下がります。

 

「1年以上使用していない物は処分」など
マイルールを決め一気に片付け
荷造りしてしまいましょう。

ストーブ、扇風機など季節ものの家電
スキー板やテントなどアウトドア用品
季節ものの衣類など、

久しぶりに見たなと思う物は特に処分のチャンスです。

 

片付けの量が多い場合、
処分するものを
あらかじめ色付きのガムテープで
目印を付けるのも手です。

通常色のテープですと見落とす可能性。

ちなみに、
当社ではホームセンターで入手可能な
ピンクの養生テープを使用します。
目立つし、
貼りやすく、きれいに剥がれるのでお勧めです。

 

 

2-2, 便利!荷造り用の他に段ボール箱を用意

マイルールを決め一度は処分と決めたが
まだ迷い中の物がある場合は
すぐには決めず、

引越しまで処分か持って行くか
「保留中の段ボール」を作り
そこに放り込むというのも手です。

いちいち片付け作業を止めないためです。

荷造り用の段ボール箱は蓋をして終了ですが、
保留段ボールは蓋を常に開けっぱなしで
いつでも見れるようにします。

 

引越し日が近くになり
何を入れたか忘れている場合は
新居でも結局使用されないケースです、
その場合は処分が賢明です。

その他、衣類,小物,CDなど

リサイクルショップに持って行く用の

段ボールも用意すると便利ですね。

 

お電話にてのお問い合わせ
つくば クマさん回収センター

タップで発信
029-279-0090

(AM8:30~PM10:00 * 電話受付は夜間PM10:00迄)

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

3, 残りは部屋ごと区切って片付け

荷造り、片付けに夢中になっていると
どこで終わりにして良いのかわからないときがあります。

「今日はこの部屋」と
部屋ごと区切って片付けすれば
残りの部屋数でおおよその時間配分も
読みやすくなるかと思います。

 

3-1, 机の引き出しはそのままダンボール箱へ

こまごまとした机の引き出しの文房具や書類は、
中身を取り出すことなく
引き出しごとそのまま
大き目の段ボール箱へ入れてしまいましょう。

 

段ボール箱にはマジックで
「引き出し、天地無用」と記載(逆さまにしてはいけない事)

 

転居先ではそのまま机にセットし二度手間を防げます。

 

ホームセンターで入手可能な
梱包用の「ハンディラップ」が安くて便利です。
引き出しごとハンディラップで巻き付け、

中身をある程度動かないよう固定できます。

 

お電話にてのお問い合わせ
つくば クマさん回収センター

タップで発信
029-279-0090

(AM8:30~PM10:00 * 電話受付は夜間PM10:00迄)

 

メールでのお問い合わせはこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか。

生活の習慣やその人の性格でも

大きく片付けの手順は違いは出ますので
万人に通用するとは限りませんが

多くの現場を観てきた
当社ならではのアドバイスをさせていただきました。

引越しではやるべきことが多く大変ですが
できるだけ早めに準備できれば失敗も防げるはずです。

 

不用品回収は安心価格で親切作業の当社へ

時間に縛られ
粗大ごみや不用品を処分できないまま
引越し当日または引越してしまった!

そんな方でもご安心ください。

手続が必要なリサイクル家電から
大きな家具、小物の仕分けやバイク、自転車まで
何でも回収処分させていただきます。

お電話にてのお問い合わせ
つくば クマさん回収センター

タップで発信
029-279-0090

(AM8:30~PM10:00 * 電話受付は夜間PM10:00迄)

 

メールでのお問い合わせはこちら

 

 

ホームページはこちら

不用品回収,遺品整理,茨城県つくば市

 

 

 

 

 

 

 

 

今すぐ電話お問合せ!
タイトルとURLをコピーしました